自然な笑顔は好印象を与えます。表情をコントロールできて一人前

社会人一年生は不安や緊張のあまり。社会経験の豊富な方はつい自己中心的になって。それぞれ自分の考えや思っていることがそのまま表情に表れてしまう場合があります。友人たちや同僚の前で作り笑顔をすることはありませんが、取引先の方やお客様の前で、つい「嫌な顔」をしてしまうのは大問題ですよね。

スポンサードリンク

広告PR

自然な笑顔というものは、大爆笑しているときの大袈裟な笑顔ではなく、口角をちょっと上げて表情を柔らかくするというものです。顔の筋肉を一切使わず、力と気を抜いているときの顔は、唇が少々への字に曲がり、頬がゆるんで下がっています。目元もぼんやりしていて暗くみられがち。特に疲れている人は目の下のクマが目立ったり、頬がげっそりと見えたりしやすいので、より注意が必要でしょう。

ビジネス,マナー,基本,笑顔,笑声,香水,口臭

そこで、まずは口角を上げる練習をしましょう。唇の端に少し力を入れ、頬を持ち上げるイメージでやると上手にいきます。しかし鏡を見るとお分かりいただけると思いますが、口角だけが上がっている顔というのは、とても不自然ですね。目が笑っていないからです。本物の笑みを作って目を細める必要はありませんが、ちょっとアゴを引き、目元にも力を入れてしっかりと開いてみましょう。

常にヘラヘラ、ニコニコしているのは思わしくありません。しかし、常に柔らかい表情でいられる人は、信頼も得られやすいのは本当です。何か質問をされたとき、おどおどした表情で「分かりません…」と下を向く人と、柔らかい表情を変えぬまま「すぐにお調べいたします」とハキハキ答えられる人、どちらが好印象でしょうか。笑えない冗談を言われて顔をひきつらせる人と、柔らかい表情を変えずニコッと笑う人は、どちらが好印象でしょうか。嫌味を言われたとき、すぐに表情を変えて怒ったり、睨んだりする人と、柔らかい表情のまま受け流す人と、どちらがどっしり落ち着いているようにみえるでしょうか。不足の事態に対処するとき、慌てふためく人と、落ち着いて一つ一つ解決できる人、どちらが冷静な判断ができると信頼されるでしょうか。

笑顔とは武器です。仕事を円滑に進めるため、人間関係を保つために必要ですし、ときには笑顔で余裕のある様を見せることにより、相手にプレッシャーを与えることも出来ます。特に女性の場合は、濃いメイクをするよりも、笑顔の練習をしておくことの方が、社会を生き抜くために重要かもしれませんね。



自分では分からない自分の匂い。香水のつけすぎや口臭に注意

ビジネス,マナー,基本,笑顔,笑声,香水,口臭

自分の匂いというものは、自分ではあまり強烈に感じないことが多いようです。特に分からないのは香水の量。自分では適量だと思っても、他人にとっては鼻が曲がるほど強烈である場合があります。香水やコロンは、あくまでも少量、手首や首筋、胸元、くるぶしにつける程度にしてください。

そして女性に一番多いのが、香りのつけすぎです。シャンプーや整髪料はフルーティなもの。洋服は柔軟材のアロマが香る柔軟材でフローラルに。香水は爽やかなせっけんの香りで、脇汗用のデオドラントはミントの香り……色々な香りが混ざると、それは決して「いい匂い」ではなく悪臭に変わることがありますから、柔軟材を使った服のときは香水をつけない、香水をつけたときは、デオドラントを無香料にするなど、充分に注意しましょう。

口臭に関しては、気にしている人も多いと思いますが、飲み会の翌日、にんにくやキムチ料理を食べた次の日、胃の調子が悪いときなどには、口臭を消すタブレットなどを飲んでおくと良いでしょう。よく口臭消しにガムを噛む人がいますが、口臭は口の中の匂いではなく、胃の中の匂いである場合が多いです。いくらガムを噛んでも胃の匂いが消えるわけではないため、短時間しか香りが持続しません。また噛み続けることによって、ガム特有の嫌な匂いを発する場合もあるので注意が必要です。



ハンドクリームとリップクリームは、男性でも必須?

ビジネス,マナー,基本,笑顔,笑声,香水,口臭

女性だけでなく、スキンケアを重要視する男性が増えてきましたね。洗顔の後に化粧水や乳液をつけたり、リップクリームを持ち歩いたり、これは良い心がけだと思います。メイクをしない分、男性の素肌というものはそのまま相手に見られています。肌の色艶をファンデーションで誤魔化したりは出来ませんから、疲れ顔や寝不足などはすぐにバレてしまいますよね。

唇がカサカサに乾いていては、健康そうに見えませんし、指先がささくれてガサガサしていると、手が汚く思われがちです。リップクリームは常にポケットに入れておき、唇が乾いてきたらササッと塗りましょう。ハンドクリームは、潤いが高く少々ベトつくものから、サラサラするものまで種類がいろいろありますから、自分の肌に合うものを選んでくださいね。特にささくれなど指先がガサガサに見えると、いくら手洗いをしていても「汚い手で商品を触っている」と見られてしまう場合があります。男性の場合は握手する機会も多いですし、顔と同じく指先も見られていることをお忘れなく。

鼻毛は勿論、多すぎる体毛の処理などもエチケットです。男だから毛のお手入れはしなくていいということはありません。最近ではムダ毛処理をする男性も増えましたし、決して恥ずかしいことではありませんよ!

このページの先頭へ

社会人一年生も、すでにたくさんの実戦経験を積んでいる方も、もう一度基礎からビジネスマナーを見直してみましょう。すっかり初心を忘れていることが多いかもしれませんね。派遣社員契約社員